「竹林整備」カテゴリーアーカイブ

穂先竹の子採り~新鮮な春の恵みを満喫

昨年から始めた穂先竹の子採り。
今年は富山子ども劇場のみなさんが大勢参加し、子どもたちの歓声が竹林内に響きました。

続きを読む 穂先竹の子採り~新鮮な春の恵みを満喫

穂先竹の子採りのイベントに備えて竹林内整備を行いました

穂先竹の子採りのイベントを明日に控え、子どもたちが竹林に入っても安全かどうかを見廻り、倒木の整理などを行いました。

続きを読む 穂先竹の子採りのイベントに備えて竹林内整備を行いました

小羽地区教覚寺裏手の竹林を整備しました

全国の里山で問題となっているのが孟宗竹林の管理です。
小羽地区でも様々な場所で森を侵食していますが、なかなか管理が追いつかないのが現状です。

とりわけ竹林管理で大きな問題となるのが、伐採した竹の処分。
竹炭などに活用していくのがベストでしょうが、なかなか手間がかかり簡単ではありません。
かといってそのまま放置すると森が荒れる原因ともなります。

そこで威力を発揮するのがチッパーです。
伐採した竹をその場で粉砕できます。
今回もこのチッパーを使って竹林をかなりすっきりさせました。

続きを読む 小羽地区教覚寺裏手の竹林を整備しました

竹林を見回り、間伐材の特定を行いました

今年春には、穂先竹の子を採取した竹林。
ここから切り出した竹で、7月末のイベントでは竹灯籠を作る予定です。

竹を切り出すのかなど、地権者の谷口明さんと共に見回りを行いました。

続きを読む 竹林を見回り、間伐材の特定を行いました

穂先竹の子を採って煮て食べて缶詰にしました!

竹の子採りの季節。
通常は竹の子が土から顔を出してきたところを掘って採りますが、今回挑戦したのは穂先竹の子採り。

多くの竹の子はすでに地上から1メートル以上伸びています。
しかし、その先端部分50センチほどは大変柔らか。
手で曲げても簡単に折れます。
ましてカマやノコギリなら気持ち良く切れ、切ると柔らかい茎から汁が溢れてきます。

竹の子を探す手間もかからず、採るのも簡単。
これで味が良ければいいことずくめ。
そこで採った竹の子の皮をすぐにとり、大釜で煮て、竹の子料理を味わってみました。

続きを読む 穂先竹の子を採って煮て食べて缶詰にしました!

チッパーを使って竹林整備を行いました!

今年は本格的に竹の子を収穫し、缶詰を作ろうと話合ってきたなか、その前段作業として4月26日、竹林整備を行いました。

「とやまの森づくりサポートセンター」からお借りした小型 チッパシュレッダを使用して、この間の整備作業で伐採し枯れた竹を中心に粉砕。

昨年まで使用していた大型のチッパシュレッダと比較して、当初は「馬力が足りないのでは?」と不安になりましたが、十分に使えます!

続きを読む チッパーを使って竹林整備を行いました!

竹にふれる!竹で作る!竹をかなでる! 楽しいイベントに協力しました! 第2日目

楽しいイベントの2日目は、朝から旧小羽小学校の体育館で竹による楽器作りが行われ、大勢の親子連れが参加しました。

当法人は1日目に続いて、昼食に手打ちそばを提供。

そして午後からは、竹づくりのインストラクターでもあった音楽家の方々が勢ぞろいでコンサートが開催されました。

続きを読む 竹にふれる!竹で作る!竹をかなでる! 楽しいイベントに協力しました! 第2日目

竹にふれる!竹で作る!竹をかなでる! 楽しいイベントに協力しました! 第1日目

2013年9月14日、15日の両日、旧小羽小学校を舞台に、「竹林ルネッスサンス21世紀のかぐや姫事業」のイベントが開催されました。

20130914event1_0001

富山子ども劇場の方々と一緒に、当法人もこのイベントに全面協力しました。

続きを読む 竹にふれる!竹で作る!竹をかなでる! 楽しいイベントに協力しました! 第1日目