清水建設・東京木工所のみなさんが木工教室を開催!

今年も清水建設・東京木工所のみなさんが、小羽で木工教室ワークショップを開催。

今年のテーマは「マイ道具箱」。多くの親子連れが参加し、会場となった体育館にトンカチの音が元気に響いていました!

冒頭、当法人代表の上野からご挨拶した後、清水建設本社・執行役員総務部長の羽田宇男様からご挨拶をいただきました。

「小羽地区は清水建設創始者・清水喜助氏の出身地で、すぐそばには清水記念公園もあります。当社にとって縁の深いこの地域の方々との交流を大切にしていきたいと考えております」

これこそ、毎年、東京から多くのスタッフのみなさんが来ていただき、大規模な木工ワークショップを開催していただける理由です。

そしていよいよ、東京木工所のみなさんによる木工指導です。
今回のテーマはマイ道具箱。
道具箱本体の規格は決まっているものの、そこに付ける名前やマークのオプションはたくさん用意されていて、個性的な道具箱にすることができます。

カナヅチの使い方の説明を受けて、早速、各テーブルでの制作が始まりました。

体育館にはカナヅチで釘を打つ音が響き渡り、みんな真剣に組み立てていきます。

最後に、アルファベットや様々な模様に加工された木製マークを思い思いに選んで貼り付けて完成。

昼食には小羽の手打ちそばが提供され、みんな美味しそうに食べていました。

来年も楽しみですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください