穂先タケノコ採りで春の味覚を堪能!

恒例の穂先タケノコ採りを開催し、採れたてタケノコを調理して、春の味覚を堪能しました。

田植えに向けて水が張られた田園風景の中を歩き、竹林の中を駆け回って、子どもたちは夢中でタケノコを採りました。

今年は特にイノシシによって早くからタケノコが掘り出され、開催が危ぶまれましたが、なんとかイノシシの入っていない竹林を確保することができました。

穂先タケノコ採りでは、穂先が地面から1メートル近く出ていても大丈夫です。

むしろ柔らかな穂先は、ノコギリで簡単に落とすことができ、味も通常のものと変わりません。

竹林に入った子どもたちは、夢中で探し回り、スコップで掘り出したり、ノコギリで切断して収穫。

たくさんのタケノコを手にし、旧小羽保育所に持ち帰り、早速美味しいタケノコ料理をいただきました。

タケノコご飯にタケノコ味噌汁、炒め物、天ぷらと、みんな大喜びで春の味覚を堪能。

来年もまたやろうね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください