看護学生のみなさんが田植体験 by 大沢野広域活動組織

昨年に続き、地元農業団体である大沢野広域活動組織が、看護学生さんたちとコラボして田植体験イベントを行いました。

大沢野広域活動組織は、旧大沢野町の各集落を中心にした農業活動組織14団体で構成。
農業への理解を深めてもらうための広報活動として、富山病院付属看護学校の学生さんと一緒に実施しました。

早朝、学生さんたちが来る前に、手植えの目印となる筋付けを、「転がし」と呼ばれる農具で行いました。

土集落活動組織の土遊野さんに苗をご用意いただき、苗箱を準備。

あいにくの雨の中ですが、若い学生さんたちは元気に裸足になり、田植の説明を受け、いよいよ苗を持って田んぼの中へ。
泥の中に足を入れると、「気持ちいい!」という声も。

山間部の棚田では、深い場所では膝下まで足が埋まりますが、重い苗籠を持って必死に頑張ります。
その横で、慣れた手つきで次々と植えていくベテランの農業者たち。

最後に鶏糞肥料をまき、用水で苗箱と足を洗って終了。
学生さんたちは、そのまま近くの土遊野農場へ向かい、平飼い鶏の卵収穫体験など、里山の自然のなかで農業体験を行いました。

また来年もお待ちしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です