富山県子ども観光大使のみなさんがそば打ち体験

富山の素晴らしさを学び、それを発信していく富山県子ども観光大使のみなさんが、小羽でそば打ち体験をされました。

みなさん、一生懸命にそばを打ち、美味しい手打ちそばをお腹いっぱい食べていただきました。

まずは当法人の監事でもあり、地元で有機農業を営む橋本順子さんが、地元産そばについて解説。

「そばが美味しい三つのことを知っていますか? 挽きたて、打ちたて、茹でたて、です。今日のそば粉は、昨日挽いたばかり。そして今から皆さんが打って、すぐに茹でて食べますから、きっと美味しいですよ」

そして、そば打ち講師の河岸典治さんの指導のもとで、いよいよそば打ち体験開始です。

水回し、伸ばし、切りの三つの段階毎に詳しい解説を受けながら、子どもたちは真剣にそば打ちに取り組んでいました。

そして出来上がったそばは、すぐに茹で、昼食に。
「おいしい~!」という声が上がります。

昼食後、富山県子ども観光大使の認定証が河岸さんから子どもたちに渡されました。
この機会にぜひ、地元産のそばのファンになってね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です