イワナつかみ大会 by 小羽地区ふるさとづくり推進協議会

毎年恒例のイワナつかみ大会。
今年は、小さな子どもたち向けに大谷川の浅い箇所でも採れるように場所を工夫しました。

それもあって、子どもたちは歓声を上げながら、夢中でイワナを追いかけていました。

採ったイワナのうち、一番大きいイワナのサイズを測ってもらい、後で順位を発表します。

そして旧小羽保育所に移動。
すでにトン汁が出来上がり、フランクフルトを焼きながら、採れたてのイワナのハラワタをとり、串に挿していきます。

串に挿したイワナを炭火で焼き、子どもたちが食らいつきます。
「おいしい~!」と夢中で食べる子どもたち。

お腹一杯になった後は、一番大きいイワナを採った上位の子どもの表彰。
そしてみんなでビンゴゲームを楽しみました。

イワナは養殖を放流したものですが、いつか自然のイワナが採れるような、そんな小羽の川になるといいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です