毎年恒例の穂先竹の子採りで子どもたちは大喜び!

気持ちいい青空のもと、今年も穂先竹の子採りを行いました。

立山連峰を一望する絶好のロケーションのなか、富山子ども劇場や子育てサークル・メープルシロップなどから、大勢の親子連れが参加。
竹林に入り、夢中で穂先竹の子を採りました。

下見の際に心配していた猪の被害もなんとか回避でき、例年以上にたくさんの竹の子が採れました。
穂先竹の子は、穂が伸びた先を切り採るものですが、まだ柔らかく簡単に切れます。
しかも味も普通の竹の子とほとんど変わりませんから、お手軽に竹の子採りを楽しむにはもってこい。

採った竹の子の一部を早速米ぬかで湯がき、アクをとります。
一部は炭火で直火焼き。

富山子ども劇場をはじめ、参加した保護者のみなさんが、味噌汁やテンプラ、炒め物などに料理。
お昼ご飯のおかずとして美味しくいただきました。

来年もまたいっぱい竹の子が採れるといいね!

◆森林・山村多面的機能発揮対策事業として取り組んでいます

http://www.tomimori-tamenteki.jp/index.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です