里山竹林整備 with NPO法人きんたろう倶楽部

毎年恒例の「NPO法人きんたろう倶楽部」のみなさんとの共同作業。
侵入竹林を伐採してチッパーにかけました。

今回もチッパシュレッダの貸し出しを「とやまの森づくりサポートセンター」(http://www.taff.or.jp/saposen/)に依頼しました。

このサポートセンターの機械貸し出しサービスは大変素晴らしく、依頼した日時、場所まで専門の業者がチッパを移送してくれ、作業終了後には回収してくれます。
作業後のメンテナンスも回収した業者が行ってくれます。

富山県が本気で地域での森林整備をバックアップしようとしている証左です。

今回もこのチッパシュレッダが大活躍。
当法人ときんたろう倶楽部のメンバーが次々と竹を切り出し、それをチッパにかけていきます。

バリバリと物凄い音がしますが、粉砕された竹チップがどんどん山になっていき、竹林は倒れ腐っていたものも除去されてすっきりとしていきます。

この竹チップ、家畜の飼料などに再利用できる可能性もあり、厄介者の竹林を整備しつつ、どう活かしていくのかを模索していきたいと思います。

◆森林・山村多面的機能発揮対策事業として取り組んでいます

http://www.tomimori-tamenteki.jp/index.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です