小羽の里山で山道ウォーク

春に続いて、小羽の里山の魅力を満喫する山道ウォークを開催しました。
事前に北日本新聞で紹介され、県内各所から初めて小羽を訪れる方々が大勢参加されました。

午前9時、旧小羽小学校前に集合し、簡単にスタッフが自己紹介して、早速ウォークを開始。
県道沿いを須原集落へ向かいます。

神通川の第三ダム前から須原集落への上り坂。
ほぼ上りつめた場所にある浄光寺で、副住職よりお寺の由来などのお話しを伺いました。

浄光寺前のイチョウの大木を眺めながら、いよいよ本格的な山道に向かいます。
集落を過ぎると、棚田が広がり、深い森が迫ってきます。

須原集落に住む那知啓正さんがガイド役をしながら、林道を進むと、一気に視界が開けて旧寺井谷集落跡に出ました。
天気が良ければ富山湾まで見通せ、お月見の場所としても有名です。

そこから先は下り坂で土集落へ。
一山超えて田池集落、下伏集落を経て、小羽の清水記念公園に立ち寄ってスタート地点に戻りました。

約7キロの山道ウォークを、みなさん満喫されたようでした。
お土産に、地元の有機農場=土遊野のシフォンケーキと鶏卵を持ち帰っていただきました。

小羽の里山の魅力はまだまだほかにもたくさんあります。
またぜひご参加ください!

◆富山県中山間地チャレンジ支援事業として取り組んでいます。
http://www.pref.toyama.jp/sections/1605/toyamaim/promotion/challenge01.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です