もりもり冒険キッズ「森と友だち」 子どもたちが思いっきり遊びました!

子育てサークル・メープルシロップと共催で、森のイベントを開催しました。

講師は富山県ナチュラリストの大野博美さん。
子どもたちは、思う存分に森で遊びまわりました。

午前9時半、旧小羽小学校前に集合。
そこから里山林内の体験小屋まで車で移動しました。

まずは体験小屋前デッキで、アンパンマンを象った木製バッチ作りです。
子どもたちが思い思いに木片に絵を描き、それにドリルで穴を開けてバッチにしました。

そのバッチを胸に下げて、いよいよ森の中へ。
大野さんは色々な植物を説明しながら歩きます。

そしてツリーデッキに登って、絵本の朗読タイムです。
大野さんが、『もりはみんなのたからもの』を読み聞かせると、子どもたちは真剣に聞き入っていました。

森の大切さを知った子どもたち。
気に入った木の幹に耳を当てて、何が聞こえるかを紙に書いて貼り付けてもらいました。

「ようこそ、待ってたよ~」「会えてうれしいよ」など、様々な声を聴いた子どもたちは、ツリーデッキのアスレチックスで遊び始めました。
何度も何度もロープをよじ登っていく元気な姿に、パパやママたちも大喜び。

ひとしきり遊んだら、体験小屋前のデッキに戻って、今日の森のイメージをみんなで一枚の絵に描きました。
自由にのびのびと森のイメージを描いた絵を持って記念撮影。

そしてお待ちかねの小羽の手打ちそばです。
お腹ペコペコの子どもたちは、夢中でそばを食べていました。

また小羽の里山林に遊びに来てね!

◆森林・山村多面的機能発揮対策事業として取り組んでいます

http://www.tomimori-tamenteki.jp/index.html

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です