穂先竹の子採りの事前下見を行いました

毎年恒例の穂先竹の子採りを翌日に控え、竹林の見回り整備を行いました。

今年は暖冬の影響で雪が少なく、春先から猪がかなり出没しています。
積雪が多いとほとんど越冬できないと言われている、子どもの猪の数が、今年は例年に比べて多いのではないかとのことです。

そのためか、竹林の見回ったところ、かなりの竹の子がすでに猪に掘られていました。

それでも、すでに1メートルぐらいに伸びた手付かずのものもあり、穂先を採るのに丁度良い状態でした。

竹林内の道に倒れた竹を整理したりして、翌日のイベントの準備を整えました。

◆森林・山村多面的機能発揮対策事業として取り組んでいます

http://www.tomimori-tamenteki.jp/index.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です