第20回小羽ふれあいそば祭り~美味しい手打ちそばと楽しい音楽で大盛況!

第20回小羽ふれあいそば祭り。
今年は20回の節目を迎え、多くのお客様にお越しいただき大盛況でした。

ステージでは、大沢野中学校吹奏楽部の皆さんの演奏と、昨年に続いて「津軽三味線芸人」の歌と踊りが披露され、会場は大いに盛り上がりました。

もともとは中山間地支援事業を活用して出発した小羽のそば祭り。
地元産のそばを収穫し、じっくり時間をかけて乾燥させ、さらに通常の何倍も時間をかけて丁寧に挽いてできたそば粉を100%使用しています。
また、すべてのそばは前日から当日にかけて打ち、特にざるそばについては、当日打ちのそばのみでご提供しています。

こうした努力の結果、今や「小羽のそばは美味しい」と多くの方々に評価していただけるまでになり、今年も約1000名近いお客様にお越しいただき、本当にありがとうございました。

一口に第20回と言っても、これはそば祭りを始めた年から中心的に担ってきた住民が、そろって20歳年を取ったことを意味します。
少子高齢化の波は小羽地区でも例外ではなく、これまで通りの規模でそば祭りを継続することは困難になりました。

そこで、20回の節目を契機として、今後そば祭りをどうしていくのかを一度立ち止まって考えることになりました。
まだ新しい形は未定ですが、決まり次第、これまでそば祭りをご愛顧していただいた皆様にもお伝えしたいと思います。

小羽の美味しいそばの伝統は、これからも守り発展させていく所存です。
ぜひ多くのみなさまのご支援、ご協力をお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です