小羽の里山で化石採り~地元産手打ちそば~ツリーデッキのフルコース

子育てサークル・メープルシロップのみなさんが、小羽の里山を訪れてくれました。

知る人ぞ知る隠れスポットで化石採り、その後地元産の手打ちそばを味わい、さらにツリーデッキのアスレチックスで遊ぶ。

小羽の里山の魅力を思う存分楽しんでいただきました。

富山市内を一望する峠に集合した参加者は、そこから小羽の里山ウォークに出発。

夏にはホタルが舞う小川の脇の道を歩き、アイガモが放たれた田んぼを見学。
そしていよいよ化石採りのスポットに到着。

長靴やサンダルに履き替えるなど、川の中に入る準備を整え、土川にある自然のトンネルに。
初秋の冷たい川水のなか、子どもたちはキャーキャーと歓声を上げなら、そこかしこで化石採りを開始。
持参した金槌で川床の岩を叩くと、巻貝などの化石が次々と現れました。

それを大切にバケツに入れ、川から上がって帰路につきます。
途中の道で見つけたカマキリをつかまえて大騒ぎする子どもたち。

峠の体験小屋に到着した後は、当法人会員により地元産手打ちそばがふるまわれました。
みなさん、美味しいと大変満足していただけました。

昼食後は、里山林の素晴らしさについて、メープルシロップ代表で当法人監事でもある今井典子さんがレクチャー。

それを聞いた子どもたちは、早速ツリーデッキの森に入っていきました。
デッキにかかったアスレチック網によじ登ったり、ブランコで遊んだりと、里山林内で元気に遊ぶ子どもたち。

小羽の里山の魅力を少しは分かってくれたかな?
また遊びに来てね!

◆森林・山村多面的機能発揮対策事業として取り組んでいます

http://www.tomimori-tamenteki.jp/index.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です