アイガモ農法の田んぼで田植え体験

NPO法人こばの中心メンバーでもある橋本さん、河上さんが営む土遊野農場は、小羽地区の棚田でアイガモを活用した有機農業に取り組んでいます。

毎年開催する田植え体験には、今年は富山で有機農業を研究する方々が参加されました。

早朝からまず田植えの準備作業です。
水を落とした田んぼに、コロガシを使って格子状の筋目をつけていきます。
これにより等間隔にまっすぐ田植えを行うことができます。

そして苗ポットから苗を採り、苗カゴに入れていきます。
一度田んぼの中に入ると簡単には戻れないので、目一杯カゴに苗を入れます。

こうして準備しているうちに、参加者が集合。
いよいよ田植え体験の始まりです。

みなさん裸足になり、田んぼの中に足を踏み入れます。
柔らかい田んぼの土の感触を直に感じる貴重な体験。
1本1本の苗を丁寧に植えて、約1時間ほどで田植え体験を終了しました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です