2014年春第4回そば打ち教室は二度打ちに挑戦

今回のポイントは、練習のためにあえて二度打ちに挑戦すること。
一度打ったそばを再度こねて打ち直します。
これは、そば粉を節約しながらそば打ちの稽古の回数を増やすやり方です。

image

すでにかなり上達してきた参加者のみなさん、1回目のそば打ちは快調に進みます。
このまま食べたら美味しいだろう出来上がったそばを、包丁でざく切りにし、それをふるいにかけて打ち粉を落とします。

image

そして加水して再度こねます。
さすがに二回目ですから、そう簡単にはいきません。
地延し段階から、延びが悪いのを実感。
丸出し、角出しも思ったようにはいきませんが、それでもなんとか再度そばに仕上げました。

image

さて恒例の試食ですが、やはり二回打ったそばは、喉ごしが今一つです。
ツルッとした感触に乏しく、粉っぽい感じでした。

image

それでも、二度打ちでまがりなりにもそばの形となったのは、みなさんの腕が上達した証です。

image

次回はいよいよ今回のそば打ち教室最終日。
これまでは500グラム(そば粉350グラム、強力粉150グラム、加水45~50%)で打ってきましたが、最終回では700グラムに増量して挑戦します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です