2014年春第3回そば打ち教室開催!

第3回目のテーマは、麺棒の使い方。
こねを終えて、手で約30センチ直径の円形に地延ししたそばを、麺棒を使って薄い四角の形へ引き延ばしていきます。

image

この際の麺棒の使い方がなかなか難しい。
まずは約30センチの円形をさらに大きな円へ拡大。

image

次は、円から四角へ至るプロセスとして、「角出し」を行います。
ほぼひし形に近い形に持っていき、いよいよ最後はこれを四角へと整えていきます。

image

注意しなければいけないのは、どのプロセスでも常に厚みが均一になるように気をつけること。
厚みに偏りがあると、引き延ばしにバラつきができ、きれいな四角にはなりません。

image

その日によって上手く四角にまとめられる時もあれば、上手くいかない時もある。
さすがに一朝一夕では習得できない手打ちそばの世界です。

image

それでも、やはり打ちたて、茹でたてのそばは最高に美味しい!
毎回恒例の試食会では、みなさん大満足でした。

春のそば打ち教室も残すところ後2回となりました!
途中参加も大歓迎です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です